‘ウィークリー翔G’ カテゴリーのアーカイブ

消費税増税に反対します!!

2014年1月21日 火曜日

新年あけましておめでとうございます。

2014年もウィークリー翔をどうぞよろしくお願いします。

 

さて、ウィークリー翔各施設では1月からこのようなポスターを掲示しています。

          増税反対ポスター

4月から消費税が8%になります。

ここで反対の声を上げても、元にもどすことは出来ないかもしれません。

それでも国民が声を上げていくことが必要ではないかと考えています。 

 

ウィークリー翔の1泊1900円~という料金設定は、多くの利用者に支持されていると感じています。

しかし、低料金の運営でお財布の助けになるだけでなく、どのように社会に当社の考えを発信するか、影響力を持たせるかを日々模索しています。

館内に原価表(運営にかかったコストなど)を掲示していることや、反原発の有識者小出裕章氏の著書を無料で配布していることもそんな取組みの一つです。

もちろん、共感してもらえる方だけでなく、“なんだか小難しいな・・・”なんて思われる方もいるかもしれません。

しかし賛否を含め、様々な意見を伺いながら、少しでも社会的な役割を果たせる会社になっていきたいと思っています。

 

施設へのスタッフへ、アンケートへ、また、ブログやメールでもかまいません。皆様の声を聞かせて下さい。

LCCとウィークリー翔 【W翔近藤】

2012年6月6日 水曜日

ウィークリー翔宣言先日、新聞を読んでいて気になった記事がありました。

航空会社スカイマークのサービスコンセプト8項目についてです。

 

スカイマーク・サービスコンセプト

スカイマークでは従来の航空会社とは異なるスタイルで着ないのサービスをしております。「より安全に、より安く」旅客輸送をするための新しい航空会社の形態です。つきましては皆様に以下の点をご理解頂きますようお願い申し上げます。

1.お客様の荷物はお客様の責任において収納をお願いいたします。客室乗務員は収納の援助をいたしません。

2.お客様に対しては従来の航空会社の客室乗務員のような丁寧な言葉使いを当社客室乗務員に義務付けておりません。客室乗務員の裁量に任せております。安全管理のために時には厳しい口調で注意することもあります。

3.客室乗務員のメイクやヘアスタイルやネイルアート等に関しては「自由」にしております。

4.客室乗務員の服装については会社支給のポロシャツまたはウインドブレイカーの着用だけを義務付けており、それ以外は「自由」にしております。

5.客室乗務員の私語等について苦情を頂くことがありますが、客室乗務員は保安要員として搭乗勤務に就いており接客は補助的なものと位置づけております。お客様に直接関わりのない苦情についてはお受けいたしかねます。

6.幼児の泣き声等に関する苦情は一切受け付けません。航空機とは密封された空間でさまざまなお客様が乗っている乗り物であることをご理解の上で搭乗いただきますようお願いします。

7.地上係員の説明と異なる内容のことをお願いすることがありますが、そのような場合には客室乗務員の指示に従っていただきます。

8.機内での苦情は一切受け付けません。ご理解いただけないお客様には定時運行順守のため退出いただきます。ご不満のあるお客様は「スカイマークお客様相談センター」あるいは「消費生活センター」等に連絡されますようお願いいたします

 

いろいろと問題になっているようですが私はこのコンセプトに賛同できますし、これを書面にしてシートポケットに入れて表現していることをおもしろい!と思いました。

この強烈なコンセプトなしには、この事業はその特徴を失ってしまい衰退していくからです。

中には客を客として考えていないとか思うかもしれませんが、本当の意味で私はとてもお客さんを大事にしていると思いますし、もっと広がって欲しいと思います。

そのためにもっともっと強烈にこのコンセプトを発信してほしいと思いました。

 

これまで私は、LCCとウィークリー翔は業種は違うけれどもそれぞれの分野においてとても似たような考え方をもっているなぁと思っていました。

お客さんについての捉え方もそうだと思います。

自分の事業にとっての客を明確にもっていて、そのお客さんの為の事業を追求しているということです。

W翔宣言←ウィークリー翔ホテルチトセでオープン時

                          (さらに…)